HOME > オーナーぶろぐ > 頚椎の椎間板 > 頚椎を傷めるラグビー選手

オーナーぶろぐ

< 肩こり、腱鞘炎が改善しました  |  一覧へ戻る  |  めまい・吐き気 >

頚椎を傷めるラグビー選手

先日、元ラガーマンが来店され、テンションアップ➚➚➚
ポジションはぷろっぷではなく瞬足のウイングでした(#^.^#)

ラグビーは素晴らしいスポーツです頚椎を悪くする事が多いスポーツの1つですね。
と言いますか、ほとんどのコンタクトスポーツで頚椎にかなりの負担がかかります。

激しくぶつかり合う時にむち打ちに匹敵するほどの衝撃でして、
いえいえそれ以上…

脊椎セラピー~ 日本では初耳だという方がほとんどですが

潰れかかった頚椎・胸椎・腰椎の椎間板が自らの力で広がる唯一の自然療法です(^^♪
手先、足先が痺れている方早急に!


カテゴリ:

< 肩こり、腱鞘炎が改善しました  |  一覧へ戻る  |  めまい・吐き気 >

同じカテゴリの記事

デスクワーク症候群

首と腰に痛みを感じる、これはデスクワーク症候群のほんの一部です。

特に首に悩みを抱える方は20年前に比べると3倍増えていると言われています。
若い人を中心に増えています。

その原因の一つが
ノートパソコン

デスクトップに比べノートは目線が下にある為、あごが出て前かがみ姿勢になるります。
首の真上に頭を乗せる事が人体にとって大事。
前かがみになるとはボーリング玉を細い首で支えている事になります。

長時間この姿勢で居続けるのはとても辛く
首への負担から筋肉が張り、頚椎の椎間板が圧迫される➡神経の圧迫

結果
首こり➡肩こり➡背中が痛い➡腰痛➡めまい➡耳鳴り➡手・肘のしびれ➡慢性疲労

これがさらにうつ病のような症状に・・・

楽~になりますよ、お気軽にサロンへどうぞ(^_-)
お待ちしております。





首の椎間板ヘルニア

首・肩の痛み、腕の痺れで整体等に通っても一向に良くならない…

とうとう病院に行き首の椎間板ヘルニア=頚椎(けいつい)椎間板ヘルニアだと診断され…

手術を受けた方がいいという助言や心配をされ悩んでいる…

頚椎の手術により「うつ病」を患ってしまいお悩みのお客様もいらっしゃいます。

お悩みであれば、最新セルフメディケーション「マスターⅤ3」を1度お試しください。

とってもになります。

頚椎症

加齢や筋力低下、仕事がら同じ姿勢が長時間続く…

姿勢が悪くなるとその状態で固まってしまい
寝返りも打ちづらくなります。

一番負担になるのは大切な頭を支える首です。

首のトラブルが元となり腰や膝まで痛める事も。

早めにメンテナンスする事が一番ですね。


お気軽にお越しください。


頸椎ヘルニア・うつ病予防に

今、注目されている「セラゼムマスターV3」

慢性疲労、うつ等の体調不良による休職者が減る事は大変嬉しい!」
経営者の間でワーカーの力を最大限に活用する健康経営の考え方が根強くなっています。

頸椎ヘルニアの方も手術などせずに改善する例も多数です。

益々セラゼムマスターⅤ3は会社の福利厚生の一つとして大活躍することでしょう。

効果を一度、ご体感ください。